ブログ初心者の為の記事の書き方。6つのポイント押さえて楽々記事作成。

Pocket

heteml

【TripAdvisor】

ワードプレスでブログを始めて半年。

サボりがちではありますが手探りで少しづつブログを作成しています。

検索されるであろう言葉を狙って日々試行錯誤中。

「サーフィン・100均」

「バモス・100均」

「サーフィン・バモス」

「バモス・100均」

「高知・古新聞」

のワードで検索すれば数本ですが1位、か2位になる記事が作成出来ました。

しかし色々狙って記事を書こうと意識すればするほど手が止まってしまい記事量産には程遠く。。。

そんな時、記事を書く流れをマニュアルにしてみては?と思い今回の記事作成にいたりました。

自分の記事作成の流れとしては

仮タイトル→小見出し→本文→序文→締めの文→本タイトル

順番で作成しています。

【サーフィン・100均】で1位になったブログ記事を例に説明させていただきます。

 

サーフィン初心者におすすめ。百均・ホームセンターでそろう代用品便利グッズ

①仮タイトル

あくまで仮のタイトル。「サーフィンで使える100均グッズ」 など 


②小見出し

ブログの骨の部分ですね。

例えば。。。

・100均キッチンテープ

・100均ワックスリムーバー

・100均ひしゃく

仮タイトルの答えや関連するワードになってる事がポイントです。

なるだけ多くの小見出しを作る事で記事が広がっていきます。


③本文

先ほど作成した小見出しに一つづつ答えてく様に本文を仕上げていく。

骨に肉を付けるイメージですね。

・100均キッチンテープ

サーフボードがクラッシュした際にサーフボードに水が浸入するのを防ぐクラッシュテープ。

そんな時代用品になるのが【100均キッチンテープ】。。。。等

先に見出しを考えて答えていく事でありがちな話の脱線を防ぐ事ができ記事がしまってきます。


④序文

ブログ記事の挨拶、掴みの部分です。

①〇〇〇って大変ですよね?

②そんな〇〇〇も解決できる方法があります。

③今回は〇〇〇を紹介します。

みんなが抱えてる悩みや知りたい情報などを序文で紹介します。

ここでしっかり掴む事でより先へ先へと読み進めていく流れを作ります。


⑤締めの言葉

おさらいの部分です。

〇〇〇のこういった事を紹介しましたと再確認し文章を締めます。

1いかがでしたか?

2今回は〇〇〇について紹介しました。

3これで〇〇〇も解決することが出来ますね。

4是非参考にしてみてください!


⑥本番タイトル

いよいよ詰めの部分です。

タイトルによって記事を開いてもらえるかどうかという重要な部分です。

読んでみたいと思える興味を引くタイトルにする事が肝になります。

より興味を引くには数字や法則などをタイトルに含める事

〇〇〇できる+数字+法則

記事作成の数字や法則など盛り込み一緒に作成するようにする。

ラインモバイルでアイフォンを!【格安シム】スマホ術で月額使用料を2/3カットする!


いかがでしたか?

今回はブログ記事の書く手順を説明させていただきました。

この手順で記事を作り出して少しづつ1本辺りの時間が短縮出来ています。

この調子で記事数を少しづつ増やして内容の濃いブログにしていきたいと思っています。

是非ご参考ください。