サーフィン初心者必見!季節に合わせてチョイスするべきウェットスーツ

Pocket

LINEユーザー必見 スマホの月額を大幅カット LINEデータ消費ゼロで月額500円~LINEモバイル

サーフボードの次に大事なアイテムがウェットスーツ。

たくさんの種類の物があってどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

今回は季節に合わせてチョイスするべきウェットスーツについてご紹介します。

 

ラッシュガード(長袖・半袖)

真夏に使用する日焼け防止用のTシャツの様な生地の素材で海パンと組み合わせて使用します。

冬場はインナーとしても利用できます。

 

 

 

タッパー(長袖・半袖)

夏~秋に日焼け防止に使用する上半身のウェットスーツ。

海パンと組み合わせて使用します。

個人的には長袖タッパー+海パンの組み合わせが一番カッコイイと思います。

 

スプリング(半袖・半ズボン)

主に夏に使用するウェットスーツです。

夏は海パンでもサーフィン出来るのですがケガの予防とサーフボードの上で滑らず安定したサーフィンが可能です。

 

ショート・ジョン(袖なし・長ズボン)

スプリングと同じく夏に使用します。

体温の低下防止とケガ予防に役立ちます。

袖がないので肩が動かしやすいです。

 

シーガル(半袖・長ズボン)

外気温が高く水温が低い初夏に使用するウェットスーツ。

半袖なのでパドリングが楽で一着あると便利なウェットスーツです

 

ロングスリープ・スプリング(長袖・半ズボン)

ロンスプと呼ばれ外気温が下がり始め水温高めの秋に使用するウェットスーツ。

秋は1年を通して波が高くなるシーズンで波が良い時にいつも着用しているイメージがあります。

半ズボンなので着替える時が楽です。

 

 

ジャージ・フルスーツ(長袖・長ズボン)

裏地がジャージ素材のウェットスーツです。

秋、初夏に使用します。

1年通して一番多く着用するウェットスーツ。

 

セミドライ(長袖・長ズボン)

冬の低水温時に使用する長袖・長ズボンのタイプのウェットスーツです。

3~5ミリまであり季節によって使い分ける。

裏地も起毛素材など値段も高価ですが保温性に優れたウェットスーツです。

一番寒さを感じるシーズンに着用するウェットスーツなのでセミドライだけはオーダーした方がいいと思います。

 

 

真冬用防寒具

グローブ

真冬に着用します。

グローブをすると抵抗が大きくパドリングは進むが疲れます。

ブーツ

真冬はもちろんリーフブレイク(岩場)のサーフィンの際、ケガ予防になります。

ヘッドキャップ

真冬の寒さ、特に耳がちぎれる様な寒さの時に重宝します。

競泳用のキャップを下にかぶるとさらに保温性アップ。

冬はサーファーが一気に少なくなります。

海がすいてるこの時期に保温性に優れたウェットスーツをチョイスして一気にサーフィン上達を目指しましょう!

 

いかがでしたか?

サーフィン初心者の為の季節に合わせたウェットスーツの選び方についてご紹介しました。

ウェットスーツの種類、素材は多数あって最初はチョイスに苦労します。

その時期にあったウェットスーツをチョイスし快適にサーフィンする事がサーフィン上達に繋がると言えます。

ぜひご参考にしてみてください。