令和初のサーフィン

Pocket

今日は転院したお袋の病院へ。

昨日兄貴が行った時、

「嫌がるお母さんを無理やり入院させたあんた達の顔は忘れん!」

言ってたらしく妙に気が重い。

もう少し日をおいてから行った方がいいのかなとも 考えましたが次の休みまで結構あるので病院へ。

転院前の病院の支払いも残っておりまず前の病院へ行って支払い。

それから母の病院へ

受付を済まして入院病棟へ。

先日対応していただいた看護師さんが丁度いて、

「あれからぐっすり眠れたみたいで調子良さそうですよ。」と。

病室に入ると横になってしんどそうにしていましたがすっかり落ち着いて以前の母親に戻ってる。

色々話し先日の入院する時の事を聞くと全く覚えてない様子。

このまま順調に回復する事願いながら病院を後に。

まずは一安心。

先日から色々な事が起こり精神的に参ってしまってたので今日は波がなくても入水しようと。

海に到着するとローカルの先輩2人が。

波チェックして3人で入水。

入ってすぐ息はあがるし肩もパンパン。

パドルしてもあまり進まない。

けど久しぶりの潮の香りと海のロケーションを満喫しました。

そしてローカルの方との会話楽しくて最高の波乗り日。

よく考えたら令和初のサーフィン。

マメに休憩を入れながら小雨の降る中の焚き火。

やっぱり焚き火して火を眺めてると癒される。

身体が暖まったら入水して疲れたら焚き火で暖まる繰り返す。

海に入ってクタクタになってしまいましたが気分はスッキリしてます。

ここ数日の心労を海が洗い流してくれたみたいです。

海の神様に心から感謝。

明日から連続勤務でハードな数日になりそうですが頑張っていきますか。

ではでは。